絵文字も変換候補に!-iPhone OS 3.0-


iPhone OS 3.0から絵文字が変換候補に出てくる様になったという記事がbuilder by ZDNet Japanに載っていました。

iPhone OS 3.0で変わった「絵文字」
日本のケータイ文化に根付いた絵文字。iPhone OS 3.0では「ごはん」と入力すれば絵文字が候補にあがるようになった。

自分はキーボードの設定で絵文字とテンキー、英語と3種類のキーボードを使える様にしています。
絵文字を使う場合は日本語→英語→絵文字と3回キーボードの切り替え(地球儀みたいなマークをタップ)が必要です。
それがOS 3.0からはテンキーのフリック入力で日本語の変換候補にも絵文字が候補に出てくるので「絵文字」をオフにすることができ、キーボードの切り替えが日本語→英語と2回で良くなります。1回余計にタップするぐらい大したこと無いようですが、これが、絵文字や英語、日本語が混じっている文章を書こうとすると本当に面倒なんですよね。


スケジュールをまとめて登録!〜iPhoneカレンダーとGoogleカレンダーの同期〜

仕事の日程等、ある程度まとまったスケジュールをiPhoneのカレンダーに登録するのって面倒ですよね。
MacのiCalでもマウスで予定を一件ずつ登録するので同様です。
そこで、簡単にスケジュールをiPhoneのカレンダーに登録する方法を考えてみました。
キーワードは[エクセル、CSV、Googleカレンダー、インポート、iPhone OS 3.0、CalDAV、同期]です。
具体的な方法は以下の通り。

1.エクセルでスケジュール表を作成

・GoogleカレンダーでCSV形式のデータをインポートするのに必要な形式について

【一行目の項目として用意されているもの】

件名, 開始日, 開始時刻, 終了日, 終了時刻, 終日イベント, 通知オン/オフ, 通知日, 通知時刻, ミーティング管理者, 説明, 場所, 非公開

【最低限必要な項目】
件名, 開始日, 開始時刻

2.CSV形式で書き出し

3.Googleカレンダーにインポート

・iCal または CSV ファイルから予定をインポートするにはどうすればよいですか。

4.iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーを同期させる
同期方法は以下のブログを参照して下さい。

3.0で強化されたカレンダー機能を使う|iPhone 3G Wiki blog

※Macのエクセルで作成した場合、文字コードを「UTF-8」に改行コードを「LF」に変更しないとインポート出来ませんでした。
これらのコードを変更するにはmiなどのテキストエディタを使います。

iPhone for everybody.キャンペーン

iPhone for everybody.というキャンペーンが展開中です。これからiPhoneを購入しようとする人に本体代が実質0円、パケット定額フルの上限額今まで5985円だったのが4410円と大盤振る舞い!!
iPhone発売初日に並んだ人たち(自分の事)をもっと優遇して欲しいものです。。。
このキャンペーンは新規加入者のみの適用かと思ったら、バナーの中に小さい文字で「※既にiPhone3Gをご利用中のお客様も4/1〜5/31の期間にお申込みになれます。」とありました!

ソフトバンク iPhone for everybody.

という事で自分も申し込み完了!これで毎月1575円の節約が出来ますね。

関連記事:最低料金で使いたい!iPhone節約術

画面下から一気に上へジャンプ!便利なタッチ技

iPhoneのSafariでWebページを見ていてそのページの一番下に来た時に、検索をしようとした場合、フリック(はじく)して画面上部に行って検索窓の所まで行きます。

見ていたページが短い場合はそれでも良いですが、余り長いページだと何度もフリックするのは面倒です。
そんな時はiPhoneの画面のステータスバーをタップしてみて下さい。一気に画面上部へスクロールします。

Safari以外のアプリでも

この技はSafariだけの機能だと思っていましたが、実は違うんです。
私は最近まで知らなかったんですが「設定」をいじっている時にふとステータスバーをタップしてみたんです。

すると一気に画面上部にスクロールしたので、もしかしてSafari以外でも出来るのかなと思って試してみた所「連絡先」、「カレンダー」、「設定」、「メモ」、「iPod」等々、ほとんどのアプリで使えました。

【関連記事】
iPhone 3Gでホーム画面を簡単に切り替える方法

最低料金で使いたい!iPhone節約術<経過報告>


最低料金を目指すとか言っておきながら、一週間も経たないで、最低料金で使えるデータ通信量を大幅に越えてしまいました!
昨日までは、大丈夫だったんです。仕事の関係でどうしても出先でメールを受け取ったり、送ったりしなくてはならなくなって・・・。

この実験で分かったこと
●電話の待ち受けだけなら約一週間は充電しなくても持ちます。
●ネットに繋いで利用する事を前提に作られているiPhoneを持っていて外でWebやメールを見ない様にするのは難しい。

Docomoやauの携帯と二台持ちの人でしたら、お金のない時はiPhoneを使わないで節約できるかも。(私はドコモからMNPでソフトバンクへ移行したので携帯はiPhoneしかありません)
外出時は公衆無線LANを使うというのも良いかも知れません。

iPhone 3G & 公衆無線LANを使おう!

最低料金で使いたい!iPhone節約術

「パケット定額フル」の最低利用料金が1,029円に値下がりしたので、今月は最低料金に挑戦してみたいと思います!

「パケット定額フル」が値下げに。

1,029円で使うには
1,029円分のデータ量はパケットでいうと、12,250パケット。
1パケット=128バイトだから、12,250パケット=1.56MB。
1ヶ月1.56MBで押さえなくてはなりません。
トップページが1MB近くあるサイトもあるのに「そんなの不可能だよ」って言っちゃあおしまいなので、具体的な方法を考えてみました。

通信量の確認
「設定」→「一般」→「使用状況」をタップします。使用状況の画面下部にある「携帯電話ネットワークデータ」にデータの送信/受信量が表示されます。
今月の通信料が分かる様に9月1日になったら「リセット」をタップして0にします。

iPhoneの設定
自動でデータの送受信を行わないために「設定」から「データの取得方法」をタップして、「プッシュ」を「オフ」に、「フェッチ」を「手動」にします。

最低料金で抑えるiPhoneの使い方
外出時は電話、SMS(ショートメッセージ)以外はほとんど使わない。
自宅では無線LANがあるのでメールやWebブラウジングなどは思う存分利用できます。しかし、たまに無線LANの電波状態が悪いと自動的にSoftbank回線を使うことになってしまうので、注意が必要です。
自宅であっても安全に利用するなら、iPhoneの設定で「機内モード」にします。次に「Wi-Fi」をタップしてを設定を「オン」にします。この設定にしている間は電話やSMSは使えませんが、*****@i.softbank.jpメールは使えます。

ちょっと面倒くさいですが、この方法で、一ヶ月だけチャレンジしてみます!

ちなみに9月2日現在のデータ通信量は、「送信:21KB」、「受信:46KB」です。

経過報告へ->

GoogleMapでパスをシェアしよう!-PathTracker応用編-

PathTrackerは移動したパス(ルート)を記録するiPhoneアプリです。

今回はGoogleMapにそのパスを読み込んで友人と共有する方法を紹介します。
まずはPathTrackerのホームページを開き、ログインをします。
http://www.pathtracks.com/

※GoogleMapにパスを読み込むにはPathをダウンロードする必要があるので、iPhoneでは出来ません。
共有した地図を見る事は出来ます。

ログインをするとこれまでに保存したパス(Path)が一覧で表示されます。
ここで”View”をクリックして保存したパスを地図上で確認する画面を表示します。

画面下部に”Download path”という項目があります。ダウンロードできるファイルの種類はKML,KML file absolute altitude,GPXがあります。GoogleMapではKMLが読み込めるので”KML file”をクリックします。KML fileをクリックするとファイル名のお尻に”.kml”と書かれたファイルがパソコン上に保存されます。

次にGoogleMapを開いて左のメニューから”マイマップ”をクリック。
出てきたメニューから”新しい地図を作成”を選択して、インポートをクリックします。
インポートをクリックすると地図データ(KMLファイル等)をアップロードする画面が表示されます。
ここで”ファイルを選択”をクリックして先ほどパソコンにダウンロードしたKMLファイルを選択します。

保存したパスがGoogleMap上に表示されました。

大きな地図で見る

良く見ると、PathTrackerで記録したパスは実際に自分が通った場所とは若干違っています。
マイマップではこのパスを編集して正確なパスに変更できます。
やり方はマイマップの自分で作った地図が表示されている欄の下にある編集をクリックします。

右の地図が編集画面になりました。パスの線上に□のマークがあります。
この□マークをマウスでずらしていくことによって、より正確なパスを作成していきます。

完成したマイマップのリンクはメールで友人に送る事ができます。
これで近道とかを発見したら友人に教えてあげられますね!

–おまけ–
いつの間にかPathTracks.comにGeo Artという項目が出来ていました。
下のリンクではパスでハートが描かれています。
こういう使い方もあったか!
http://www.pathtracks.com/users/1/paths/2649-broken-heart

iPhoneのアイコンの並べ方


nobilog2で「iPhoneのアイコン、どうやって並べてます?」というエントリーがありました。

最初はインストールされるがままに、ランダムに並べていて、
その後、位置情報系とか、写真系とか、ジャンル別に並べようかとも思った。
しかし、なんだかしっくりこない。
そもそもアイコンのデザインがバラバラなので見た目があまりよくない。

なので、大雑把だけれど色別に並べてみた

AppStoreには鼻歌検索の”midomi”やプチプチゲームの”BubbleWrap”とか、無料で面白いソフトが沢山あるのでそれをダウンロードしていると、いつの間にかアイコンだらけになってしまうんですよね。
※ホーム画面は最大9ページまで増やせるそうです。

並べ方はカテゴリー順にするとかよく使う順等ありますが、”色別”っていうのは意外でした。でも見た目が綺麗ですよね。

私の場合はというと、”親指に近い順”で並べています。
iPhoneを左手で持って、親指に近い順によく使うアイコンを配置すれば、大体の事は片手で出来る様になるので便利ですよ。

皆さんの場合はどうですか?

移動した軌跡を残せるPath Tracker〜使い方編〜

前回はPathTrakerの概要を紹介しましたが、今回はその使い方を紹介します。

1.PathTrackerアイコンをタップして起動。地図が表示されたら、画面右下の”i”をタップする。
2.Path Trackerのオプション画面が表示される。
“Start New Path”で記録が開始され、”Pause”で記録を中断できる。

ここでEmailとPasswordを入力してPathTracks.comのフリーアカウントを作成しておくと、”Save to PathTracks.com”をタップした時に、PathTracksのユーザーページにPathの記録が保存できる。

3.保存したPathはPathTracksのホームページで確認できる。
ホームページの右上にある”Login”をクリック。ここでiPhoneのPathTrackerで登録したEmailとPasswordを入力すると自分のPathが記録されているページが表示されます。
 ”Show”をタップすると保存したPathが表示されます。

また、このユーザーページ は標準では一般に公開する設定になっています。友人にこのページのURLを教えれば共有できますし、個人のみで閲覧する事も可能です。

※Show(地図上に記録されたPathを見る)、Edit(記録したPathの名前の変更)、Destroy(Pathの消去)

電車でも!徒歩でも!-移動した軌跡を残せるPath Tracker-

PathTrackerアイコン一度行った場所なのに、もう一度行こうと思ったらさっぱり道が分からなかったっていう経験はありませんか?
私はよくあるんです。全然道が覚えられない・・・。でもiPhoneとこのPathTrackerがあれば大丈夫!

Path Tracker
は自分が動いたルートを記録するiPhoneアプリです。
電車の中でPath Trackerを使うと、電車の動きにあわせて画面の人型のアイコンが移動してその軌跡を赤い線で表示していくので、見ているだけですごく面白いですよ!

PathTracker 移動記録今回はJR新宿駅→総武線千駄ヶ谷駅→神宮球場というルートを試してみました。
Path Trackerで保存したルートが以下のURLで見られます。
※保存したルートは非公開にも設定できます。
http://www.pathtracks.com/users/382/paths/1153

※Path Trackerのバージョンは1.2です。それ以前のバージョンには保存機能はありません。
※約20分の使用で電池は三分の一ぐらい減りました。

’08.08.29
追記:PathTrackerがバージョンアップしました。バージョンは1.3。
これまで操作画面が英語だったのが日本語で表示される様になりました。