移動した軌跡を残せるPath Tracker〜使い方編〜

移動した軌跡を残せるPath Tracker〜使い方編〜前回はPathTrakerの概要を紹介しましたが、今回はその使い方を紹介します。

1.PathTrackerアイコンをタップして起動。地図が表示されたら、画面右下の”i”をタップする。
2.Path Trackerのオプション画面が表示される。
“Start New Path”で記録が開始され、”Pause”で記録を中断できる。

ここでEmailとPasswordを入力してPathTracks.comのフリーアカウントを作成しておくと、”Save to PathTracks.com”をタップした時に、PathTracksのユーザーページにPathの記録が保存できる。

3.保存したPathはPathTracksのホームページで確認できる。
ホームページの右上にある”Login”をクリック。ここでiPhoneのPathTrackerで登録したEmailとPasswordを入力すると自分のPathが記録されているページが表示されます。
 ”Show”をタップすると保存したPathが表示されます。

また、このユーザーページ は標準では一般に公開する設定になっています。友人にこのページのURLを教えれば共有できますし、個人のみで閲覧する事も可能です。

※Show(地図上に記録されたPathを見る)、Edit(記録したPathの名前の変更)、Destroy(Pathの消去)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>